>PiNECoNeS 広島県の西の玄関大竹市から「スパイスのある自分らしい暮らし」を発信していきます。


日記

PiNECoNeSメンバーが綴る、日々つれづれ。
<< 和紙工房+大竹再発見 | main | 新緑の頃 >>
野菜工場・・・・・??
cherryです。

最近、たくさんの新しい出会いがあり、この日記に書きたいことが追いつかないほど。


さて、工場見学シリーズ(?)第2段! 
行ってみたいけど、なんだか入りにくいという声にお応えして、
大竹市立戸の野菜工場に突撃訪問してきました!

同行してくれたのは、野菜や苗を育てるのが大好きなあのお方。




ここ!知ってる!という方は大竹市民または大竹通。

そう。ここは大竹市内の国道2号線と山側に平行に走る、通称青木線。




立戸郵便局の前に信号で止まると、必ず目に入るこちら。



「野 菜 工 場 実 演 中 ご自由にご覧下さい」
野菜工場????
たしかにこちらは夜も煌々と明かりがついたままの建物です。

「ご自由にご覧下さい」と言うことなら、入ってみましょう。ということで、
堂々と入って行ってみました。



その正体は、富士化水工業株式会社広島支店。
富士化水工業は、国道2号線沿いにある戸田工業株式会社の子会社です。


その中は、


野菜工場!!!!!


部屋の中で野菜が育てられています。


24時間明かりを照らして、水耕栽培で育てられています。
土はありません。


既に収穫が済んだ後だそうですが、蛍光灯やLED。
色んな明かりで野菜の育ち具合を実験しているそうです。
明かりによって育つ速度が違うのだとか。


富士化水工業ではこの野菜工場の施設を販売しているそうで、
廃校などを利用して、この野菜工場を設置し地域活性化につながれば・・・。と、
研究開発されています。


これまで栽培された野菜は、リーフレタス・はつか大根・ルッコラ・スイートバジル・
エゴマ・小カブ・ほうれんそう・わさび菜、、、、etc


「食べられるんですか?」の一言に、「差し上げますよ!」と
事務員の方が収穫してくださいました。



既に収穫最適時期が過ぎているそうで、少し苦味がありましたが
おいしくいただけました。


お忙しい中、私たちの質問にやさしくお答えいただいた事務員の方、
広島支店長の堤 幸治郎さん ありがとうございました。
富士化水工業では、希望のスペースに合わせてこの野菜工場を見積もりしてくれますので
興味のある方は是非。




野菜をいっぱいもらって、ご機嫌!
通りかかりのおばさんにも、「私もいつもここ気になってるんよ!」と話しかけられ、
「ぜひ、入ってみてください!」と営業してしまった私たち。



一緒に行ったこのお方


置いてあった、こちらのおしゃれ足袋に目が釘付けでした。
農作業に使いたいとか。この足袋も富士化水工業の広島支店で販売されています。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お知らせ

PiNECoNeSのnonちゃんの撮影した作品が、
今月の「カメラ日和」に掲載されました!!!
ぜひご覧ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 




by pinecones| SHOP | 21:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
PAGETOP
コメント
可愛い人が出てるな〜っと思ったら私か!(笑)ウソでーす。

あの頂いたお野菜は、「とうだちしているからエグいかもしれない。」と言われてましたが、夕食のトンカツを巻いてポン酢で食べたらナイスでした!
電気で育ててるから葉緑素が少ないのか(?)、土と太陽で育てた葉野菜よりエグくなりにくいのかな〜と思いました。
野菜嫌いのチビちゃまなんかに良いな〜と感じましたよ☆
| マイ | 2012/05/23 9:24 AM |
マイちゃん ご同行いただきありがとう。
他の野菜も食べてみたいなって思っちゃいました。
あの靴、買ったら見せてね(笑)
急ぎの時に脱ぐのが大変そうだけど。
| cherry | 2012/05/23 7:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.pine-cones.org/trackback/61
トラックバック
PAGETOP