>PiNECoNeS 広島県の西の玄関大竹市から「スパイスのある自分らしい暮らし」を発信していきます。


日記

PiNECoNeSメンバーが綴る、日々つれづれ。
<< 来月です! | main | TOKYO旅へ >>
大竹和紙小市終了しました。
 


cherryです。


大竹和紙小市終了しました。


「大竹手すき和紙を残したい!」という熱い思いを、大竹市内外の作家さんが汲んでくださり、とっても素敵な1日になりました。


外国の方も10人くらいいらしていたと思います。
東広島や尾道、わざわざ徳島県からお越しの方、
熊野筆の関係者の方や和紙をこれから使って何かしたい方もお越しになっていました。



「この日(5/25)は各地でいろんなイベントがあったけど、この大竹和紙小市に来た人は正解だったね。」そんな数々のイベントを見てこられた重鎮に素敵な言葉も頂いて、いつまでもいつまでもこの時間が終わらなければいいのに。とさえ思いました。


大竹和紙小市は終了しましたが、これが大竹手すき和紙を知っていただくスタートです。
PiNECoNeSは大竹和紙小市の終了に感傷に浸る間もなく、次の構想を。

次の構想は、こうやって皆さんと一同に集まることではないですが、2年かけてじっくりじっくり水面下で動いていく活動です。

昨日、PiNECoNeSは西念寺の門の前で皆さんからいただいた、寄せ書きを見ながら
和紙のこと、PiNECoNeSのこと meetingしました。
む。思いも寄らない方向に????

今後の活動もご期待ください!


>>大竹和紙小市アルバム


by cherry| おおたけ手漉き和紙 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.pine-cones.org/trackback/330
トラックバック
PAGETOP