>PiNECoNeS 広島県の西の玄関大竹市から「スパイスのある自分らしい暮らし」を発信していきます。


日記

PiNECoNeSメンバーが綴る、日々つれづれ。
また行きたくなる尾道
kazumiです

みんなで行った尾道
本当に楽しかった!

みんなで助け合って、形にする
みんなで楽しむ

尾道出身じゃない人が
尾道の魅力に惹かれ集まる

若い人たちの感性で
新しく生まれ変わる古い町

大竹に今あるもの
何を活かして魅力ある町にしていくか
ゆっくり考えて行きたいと思います

みなさんの柔軟な発想に感激しっぱなし
パチリとしたくなる所ばかり

こちら「あくびカフェ」の入り口
中も、とっても素敵♪
あくびカフェ


古民家もここまでなるか!と衝撃を受けた「陶房CONEL」
ちょこっとがカワイイ♪
CONEL1

CONEL2


お忙しい中、案内してくれた中曽さん
本当にありがとうございました!

中曽さんの陶器も素敵♪
中曽さん



by kazumi| 尾道さんぽ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
アートとパワーあふれる人たち。尾道
 cherryです。

-----------------------------------------------------------------

北村洋品店 → 三軒家アパートメント → たまがんぞう → 
パン屋航路 → 光明寺會舘 → Marton → ネコノテパン工場 → 
陶房CONEL → あくびカフェ → あなごのねどこ → manolom →
おやつとやまねこ → 尾道ガウディハウス → 三軒家アパートメント

-----------------------------------------------------------------

上記は私たちが中曽智子さん(大竹市出身の陶芸家。デアイマルシェ2012にも出店)に
案内していただいたルート。
お忙しい方ですが、無理を言ってご案内していただきました。


中曽さんの案内してくれた尾道は、どれもこれもステキ過ぎて、
上手に表現ができない・・・・。
尾道の素敵な町並みは他のメンバーにおまかせするとして、
私は出会えた人々を中心に紹介しようと思いマス。


尾道には美術学科がある大学があり、その学生さんや若い人の真剣な町づくりに対する思いが、
アートに表現され視覚に訴え、その美しさ・パワーが魅力的に映ります。
そして、その大きな渦を作ることになった一人の女性・・・・・。




まずは、
北村洋品店
その外壁にある三軒家アパートメントの部屋割り表。



ガツン。

いきなりここだけで、鼻血が出そう・・・・。






北村洋品店にいらした、NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト理事 新田悟朗さん。
大学院を卒業して尾道に帰郷後、空き家再生プロジェクト理事に。





光明寺會舘 AIR CAFE






出会ったのは、光明寺會舘 三上さんの娘さんAちゃん。
実は私はこの日の前々日、広島市内でAちゃんに出会っていて、偶然の再会。
といってもAちゃんにはわからないよね。


ここで出会ったのは、光明寺會舘の亀井那津子さん。
亀井さんもこの日の前々日に見かけていたのだけど、その時にはお話しはせずこの日に名刺交換。






ゲストハウスあなごのねどこ、あくびカフェ





ここではとうとう、大きな渦を作ることになった
NPO法人 空き家再生プロジェクトの代表 豊田雅子さんと遭遇!
まさか、お会いできると思わず、名刺を渡す手も震える。。。。
そして、お忙しそうに働かれている姿に「写真撮らせていただいてもいいですか?」も言えず、ご本人の写真なし。いっぱいいっぱいお聞きしたい話があったのですが、
いつか。。。。きっと。。。。。


あくびカフェで一休み後、ゲストハウスあなごのねどこのドミトリー部分を
特別に見学させていただきました。





尾道ガウディハウス



豊田さんとこのガウディハウスの出会いが、大きな渦を作ることに。



私がずっと「大きな渦」「大きな渦」を連呼する豊田雅子さん
どうして「大きな渦」なのか。
それは、私が3日かけて読破した豊田雅子さんのブログを読んでいただければ
きっとおわかりいただけると思いますし、これまで紹介した点と点が
線でつながると思います。



帰り道。また三軒家アパートメントに。
三軒家アパートメント内 56カフェでは、
NPO法人 まちづくりプロジェクトiD尾道 理事 宮本 篤さんとの出会い


(おちゃめ!)
「リヤカーゴ」と言えば、この方です。



三軒家アパートメント内にはご案内いただいた、中曽智子さんのアトリエ。「陶芸部」も。

今回の小旅行はこれまでと違った、ディープな尾道を堪能しました。
そして、彼女はどこに行っても知り合いばかりで、彼女のお陰で顔をつなげていただきました。
本当にお忙しい方なのに、無理言ってお付き合いいただいてありがとうございました。





今回の尾道小旅行。
得たものは、人と人との絆。それを繋げる力。若さ。古いものを大事にする心。
きっとこの日に見たもの、聞いたもの、出会えた人々。
これからの私たちの活動に活かせると思います。



cherry
(短くしようと思ったのにやっぱり長くなってしまった。)

by cherry| 尾道さんぽ | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
またまた尾道ー!!
 mikaです。

尾道、一日で大・大・大好きになりました!!

歩いても歩いても飽きない。
建物は古いけど利用している若い人たちの
発想&尾道を愛し盛り上げているパワーがすばらしいのです。

I ❤ Onomichi   Tシャツを着て清掃作業されている
若い人も見かけましたよ。 


なんと万歩計を見たら9000歩近く歩いていたのでビックリ!!
日頃、こんなに歩くことがないので…

出会った方々が本当にキラキラしていて
若いパワー沢山もらっちゃいました.

※案内してくれた中曽さんの作品。

宝箱のような尾道…
また必ず行きます。


by mika| 尾道さんぽ | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
尾道シリーズ続きます。
130306_1917~01.jpg

ヒロコです。
尾道は私もとても好きな町で今回のツアーを含め過去4回訪れています。
最初に行った時は空き家再生とかも始まっていなくて、とても静かでのんびりとした港町、といった感じでした。
今回、尾道に行って感じたのが若い人達のパワーがすごい!カフェ、パン屋さん、古物屋さん、…ほんとに若い人達が自信に満ち溢れていてイキイキと働いている。
町や建物の個性を生かしたリノベーションも見ものです。

カフェでは少し昔の食器やカップ達が堂々と胸を張ってケーキなどを乗せている
。こんな活気がまた若い人達のパワーを呼んで、とてもいい流れを生み出しているのだろうと思う。
写真は東土堂町の坂の途中にあるネコノテパン工場さんのクルミ、いちじく、レーズン、オレンジピール入りのとてもリッチなカンパーニュ。カマンベールを乗せて少しトースト。チーズが溶けたらワインと供に(このカンパーニュ、マジ旨!)グラスも尾道の古物屋さんで一目惚れで買ったもの。
少し昔のニッカウイスキーのノベルティだったのかな?
今の尾道は美味しいものとおもしろいものがたくさんあります。
by hiroko| 尾道さんぽ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
尾道は不思議がいっぱいだった
 こんにちは!nonです。

尾道視察ツアーレポート第2弾!

尾道は坂道が多くて、道も狭い!



でもそれが、とっても魅力なんですね!向こうに小さく見えるのが、しまなみです。
あのたくさんの橋を渡りきると、四国、今治に続いてます。不思議。



三軒家アパートメントは、とっても不思議空間でした。




2Fにはカワイイと噂の布屋さんがあったのですが、閉まってました…。ぬーーん、残念!



ここには、ママさんたち憩いのスペースがありました。
天井は、尾道在住のアーティストさんの作品になっていました。

これは…

鏡なのーーーーーーー!waoooooooo------!




わたしが感動したのが、これでございます↓↓

絵本に出てくるごはんを実際に作って、親子で食べる企画があったそうで…!
waooooo!パインさんでも、いつかやってみたい企画です。



商店街のパン屋さん「パン屋航路」さん。
大人気でひっきりなしにお客さんが、入っていきます。
わたしはやっとこさラスクを購入。。尾道はパン屋さんの激戦区だそうです。


大竹にも、こうなったらいいな…を行かせていけるといいな。
古いものを上手に、お洒落に活かす工夫が、ここ尾道にはありました。

ガイドをして下さった、中曽さん。ありがとうございました♪♪



大竹から、1時間半。今から春ですよー!みなさんもぜひ!
by non| 尾道さんぽ | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAGETOP
PAGETOP